まとめ

  • “腸の健康”のために積極的に摂取したい成分「レジスタントスターチ」
  • 「レジスタントスターチ」には、血糖をコントロールしたり、おなか周りの脂肪を減少させる効果の報告あり
  • 他の主食素材(小麦・米・玄米など)に比べ、「レジスタントスターチ」が多く含まれている素材、「黄えんどう豆」

腸の健康のために重要な「レジスタントスターチ」

小腸での消化を免れ、大腸の奥まで届く特徴を持つ“レジスタントスターチ”は、​腸内の毒素の生成を抑制し(※1)、腸内細菌叢を改善の役立つ(※2)と考えられており、​“腸の健康”のために積極的に摂取したいものです。

レジスタントスターチの機能

“レジスタントスターチ”の機能に関して他にもうれしいニュースがあります。​
血糖をコントロールし(※3)、総コレステロールやLDL-コレステロールを低下させる可能性があり(※4)、​また、おなか周りの脂肪を減少させる効果(※5)も報告されています。​

レジスタントスターチが多く含まれている素材「黄えんどう豆」​

今までの食習慣を変えるきっかけとして、発酵性食物繊維(※6)である“レジスタントスターチ”に注目してみるのもよいと考えます。​ただ、何を食べれば良いか分かりづらい方も多いと思います。​
従来の食物繊維に加え、レジスタントスターチも持ち合わせ、近年注目されている素材に「黄えんどう豆」があります。​素材に含まれるレジスタントスターチの含有量を分析し、他の主食素材と比べてみると、​「黄えんどう豆」は、小麦・オーツ麦・米・玄米と比較して4.2倍以上、​大麦と比較しても3.5倍、含まれていることが分かりました。​

新たな食習慣に、「黄えんどう豆」を、取り入れてみてはいかがでしょうか?​
新たな食習慣に、レジスタンスの力を!​
皆さんがより元気に、アクティブに過ごせるきっかけとなれば幸いです。

監修者

青江 誠一郎

青江 誠一郎

大妻女子大学家政学部食物学科教授/一般社団法人日本食物繊維学会理事長

《参考文献・情報》

黄えんどう豆をもっと知るための

食物繊維のヒミツ